現役プロからの豆知識① 相続の為の養子縁組はよーーーーく考えて!

相続税を安くする為😎に養子縁組をする方がおられます。
確かに相続税の基礎控除は3000万円+(相続人数×600万円)なので、相続人は多い方が有利。それは間違いない👍。(注:人数制限はあります)

だが、しかし・・・安易な養子縁組はバトル🤛の原因にもなるのです。
何故か?それは(あくまで節税の為)の養子だったのに、
ちゃんとした相続人になる訳だから勘違いしちゃうんです、人間って。
そうなると、元来からの相続人との間でトラブルになっちゃう。

判り易く言うと・・・
(元来の相続人Aの考え)後から養子のBはあくまで節税用だから、遺産分割協議の時も大して渡さなくても良いんじゃね?🤨
(後から養子Bの考え)え?こんなに遺産あんの?法定相続したら大金じゃん!ラッキー!😍
ってな感じで必然的に揉める。
笑い事ではなく、私が何度も目にした光景だ😔

そんな悲劇を防ぐには・・・
節税のための養子縁組は関係者一同が同席して、その意味を共有する。
最低でも遺産配分においてはその時点で遺言書に記しておく✒️
コレだけで、かなりトラブル発生のリスクは減少する。
ま、言ってみれば被相続人(故人)の為と言うよりも残った側(相続人)の為なんだけどね。
でも、紛争の種を作って天国に行かれても困っちゃうもんね😢

【営業コメント】こんなこと訊いてもイイ?どこに訊けばイイ?悩んでる暇があったら人情派プロフェッショナルの当社へお気軽に連絡して下さい。HP、電話、LINE、どっからでもウエルカム!