【不動産に掘り出しモノってありますか?】

年に5回くらいは訊かれることです。結論から先に言えば(人)によってはある、(人)によっては無い。
何も不動産屋が(人)を選んで物件を出す訳ではない・・・以下解説。

掘り出しモノ・・そう、読んで字のごとく掘って出したモノ。 って事は基本的に土とか苔とかカビとかで汚れが付着してるよね? 😥
そのままだと使えないから綺麗にするよね? で、使うなり売るなりするよね?

これがそのまま不動産に当てはまる。

みんなが考える掘り出しモノの大前提ってちょっと難あり=汚れが付いてる😥、だけど圧倒的に安い!😆って感じでしょ?
で、売り物件で圧倒的に安いってのは大体次のどれかに当てはまる。(他にもあるけどキリがない)

①告知事項のある物件        いわゆる事故物件
②不適合接道や地中越境やがけ地   再建築不可又は大掛かりな造成を要する
③近隣や環境に難あり        隣地が反社とか線路とか繁華街とか
④売主さんの売り急ぎ         ある事情で1週間以内に現金化したい
⑤相場の勘違い           売主さんも依頼した不動産屋も相場勘がなく、(こんなもんじゃね?)って出す

想像すればわかる通り⑤以外は汚れを落とす=手を加えて改善や加工を必要とする物件です。
因みに⑤は古くからやってるけど賃貸管理だけで食べていけてるような駅前の業者さんで極稀に発生するレベル😲。
私も若い頃は飛び込みで年に1回くらいはこういった物件を仕入れる事が出来た。
オー〇〇ハウスさん辺りは今もコレを狙ってひたすら業者周りをしてる💦。

話を戻そう。よく考えて欲しい。あなたに①~④を解決するだけの知識と時間とお金はありますか?

①はお金の問題じゃない部分がある。裏を返せば気にしなければイイのでクリアの可能性アリ
②は皆が思うほど簡単じゃない。役所にも何度も交渉、近隣にも交渉、測量費、工事費、
そして時間とあらゆる労力を投下する必要がある。しんどいよね?😓
③これも①と一緒で我慢出来ればアリと言えばアリ
④あなたがキャッシュで数千万持ってればアリ👍

こう考えると、あくまで普通の人がマイホームとして掘り出しモノを探すのはナンセンス。
但し、投資物件や我々のような業者が加工して再販売を考えるなら掘り出しモノは狙う価値がある。
むしろ難点が多くても安ければ安い方が良く、知識と資金を投下して綺麗に加工出来るから。

なので、我々業者や投資物件を探す現金持ちの自分でそこには住まない(人)は探す意味はあるけど、
一家団欒のマイホームを探す(人)には掘り出しモノは無いんですよね。っていうお話でした。