住宅ローン延滞中の一戸建て売却

ご相談当時の状況(当社記載)

【住宅ローン延滞中の一戸建て売却】 武蔵野市 40代男性

3か月前から一部入金しか出来ず、銀行からこのままだと競売と言われた。
自営で収入減が続き、返済目途も立たず、家の中も散らかっており何もやる気が起きない。
このまま競売しか無いのか?

最終的な結果

当社にて査定、残債には足りないが任意売却で対応可能と判断。
媒介契約締結後に銀行へ出向いて交渉と売却活動開始。
併せて売主と共に当社提携業者で家の中の残置物を整理。
2か月後に成約。残債には足りなかったが銀行にも承諾を得て引越し費用を手元に残す形で売却出来た。

お客様の感想(個人情報の為一部簡素化)

良かった点

  • 銀行の督促状や電話が無くなったので気が楽になった。
  • (個人からの借金じゃない。銀行の債権は所詮~)と金融知識も教えてくれたので、良い意味で開き直れた。
  • (これからは銀行に払わず、手元のお金を貯めるように)とも言われ、本当に精通している人だと思った。
  • 売却以外の不安な事にもいつでも相談に乗ってくれて、孤独感が無かった。
  • 仕事も含めて前向きに再スタートを切れた。

悪かった点

  • 大野さんが言った通りになるとはいえ、言葉が刺激的(笑)